女の人

整体師に憧れているなら資格をGET|夢に近づこう

人気上昇中の医療系事務

カルテを持つ人

需要が急速に拡大

診療や看護をはじめとする医療現場における仕事には、その職務の重要性から高い専門性が求められます。その一方で、必要な知識や技能を持つ人の数は限られているため、就職市場では高い人気があります。そうした専門職の中で、ここ数年急激に需要が拡大しているのが医師事務作業補助という職種です。医師事務とは、診察や治療以外に行う医師の事務仕事、具体的にはカルテの作成などを指します。よく似た名称ですが、院内の庶務を担当する医療事務とは異なります。医師事務作業補助が本格的に注目されるようになったのは、2008年のことです。この年の診療報酬の改定で、医師事務作業補助を担当する職員を配置した医療機関に対して報酬の加算が行われるようになったのです。それ以来求人数は増加傾向が続いているため、これから目指せば極めて有望な就職先となります。

医師の業務をサポートする

医師事務作業補助の仕事内容としては、診断書などの各種文書の作成、電子カルテの入力代行、データの整理、資料作成などを挙げることができます。いずれも基本的には医師本人が行う仕事ですが、医師事務作業補助者に行わせれば負担を軽減し、本来業務である診察や治療により多くの時間を割けるようになります。医師事務作業補助者に関する公的な資格は存在せず、なろうと思えば誰でもなることができます。ただし医療全般に係る専門知識が必要となるため、専修学校などで事前に学んでおいた方が仕事にも早くなじむことができます。民間団体の認定資格もいくつか存在し、取得しておけば求人に応募する際にアピールできるとして人気を呼んでいます。